スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年09月24日

ご無沙汰です。 助旅館

みなさん、こんにちは。
本日は、ネットカフェからの更新でございます。(自宅にパソコンあるのに・・・)
自宅のパソクンは、6月下旬より、ウイルスに感染して、風邪ひいて、熱を出して、今も療養中です。
先程、インターネット代を、支払いに、行ってきました。(8月分)
全然、繋いでいないのにーーーーーっ!

非常に、本日は、無駄遣いをしております。(嫁さん激怒)

さて、この連休中に、わたくしめは、助旅館にて(お嫁様の実家です。旅館ではない)味噌作りの加勢に、行って参りました。

自宅で、お味噌を作らなくなりましたねー という、お話を、お年寄りから聞きますが、私からすると、
「えっ?作るの?」というかんじです。
なので、興味シンシンで応援してきました。その工程を、ご覧下さい。



見えますか?ふたつの、御釜が。
この御釜に、惚れています。(助旅館の名物です。)



手前にある、木の箱が、セイロです。この中に、麦を入れて、釜にかけて、柔らかくなるまで蒸します。
湯気が見えますか?丁度、釜から上がったところでした。



この白いから芋が、旨いんだな~
なぜ、から芋が、あるかというと、麦の蒸し加減を、このから芋を一緒に蒸してみるのです。
時々、セイロの蓋を開け、から芋を箸で刺し、柔らかさで、麦が程良く蒸せているのか判断する為です。
(しっかり取材してるでしょ。 頼まれてもいないのに・・・)



そして、この蒸した麦に、麹(コウジ)菌を、混ぜ合わせます。 しっかりと、混ぜ合わせます。
そんでから、この麹菌を混ぜた麦を、一日ねかせます。(ここまでが、1日目)

麹菌と麦を混ぜ合わすと、熱を発しながら、発酵し始めます。(不思議だねー)



そして、二日目・・・・
二日目は、母親と午前中、お寺にお参りに行ったため、大豆を潰す工程が取材出来ませんでした・・・

なので、昼からの工程です。
                             今日も、この二つの、お釜は、大活躍です。

この釜で、大豆を蒸して細かく、すり潰した物がコレです。


昨日の麹菌を加えた麦を、この潰した大豆と塩を、混ぜていきます。




しっかりと、混ぜた後、今度は、瓶壺(かめつぼ)の中にギュウギュウに詰めていきます。



こんな感じです。味噌らしく見えるでしょ。
更に、この瓶壺の中で、ねかせます。(もっと発酵させる)

と、昨日はここまで。後は、時間が、おいしい味噌を作ってくれることを祈ります。

とまあ、こんな感じでした。ちゃんと、お手伝いしましたよ。写真を撮り忘れる位にね。
この麦や、大豆を、一度に沢山蒸す為に、重いですから、力仕事と、混ぜ合わせる作業など・・・

麦を混ぜていると、手がツルツル、スベスベするのですね。驚きました。
そういえば、麦を使った洗顔フォームや、化粧品があったような・・・・

味噌。
スーパーなどで、買いに行ったほうが、安くて、おいしい味噌が食べられます。

では、なぜ、助旅館の女将さんは、お金と、時間を費やし労力まで伴う、自宅での味噌作りに、こだわるのでしょうか・・・・

私は、このお嫁様の実家が大好きです。喜んで加勢に行きます。
ここには、季節を体で感じることが出来るからです。毎年これからも、この釜を使った季節の行事を継続してほしいし、参加したいです。

皆さんの想う故郷ってどんなところですか?

私は、ここに。

この助旅館に、日本の故郷というものを、感じていると思います。いつも、居心地がいいのです。

私の、チビ助の子ども(孫)にも、ここで故郷を感じて欲しいと思います。

これからも、長生きして、季節の行事で、感動させて下さいね。女将さん!



助旅館の庭から、見える景色です。





私のチビ助と、助旅館の、女将さん(嫁の、お母さん)です。
  


Posted by 助さん at 17:20Comments(13)助旅館

2007年06月13日

くちゅ買ってもらったよ!

遅くなりましたが、6/10(日)の日記です。
今日、おばあちゃんにチビ助の靴を買ってもらいましたー(ヤッター!!)



実は、雨の日のお出掛け用に、長靴が欲しかったのですが、16cmからの大きさしかなく、
あきらめて、靴1足と、サンダル1足(長靴の代わり)を買ってもらいました。



この小さな足は、13.5cmです。タッタカターッ!って走ります。

さて、本日は、助旅館の田んぼに、今年、初めて入りました。本日の、お手伝いは、田んぼを、平らにすることです。先日、旦那様が、トラクターで走行。ほぼ、平らになっているのですが、田んぼの、端や隅の部分は、トラクターでは、上手く平らに出来ないので、手作業です。スコップや、桑などを用いて、土の多い部分を、少ない部分にもっていきます。


この田んぼを、一日かけて・・・・


こんな感じに致しました。お嫁様と、二人で頑張りましたが・・・・平らになってます・・・!?


足や、腕が土でドロドロ・・・・ わたくしが洗っているところを、お嫁様がパチリ!
さて、ひとつ問題が・・・・毎年のことなんですが、この助旅館の田んぼは、こいつに悩まされています。

これ、知っている方います?

ウジャウジャ・・・・
これは、畳の材料となる種だそうです。(詳しくは知りませんが)
これが、水路から、水と一緒に田んぼに無限に入ってくるのです。いくら取ってもウジャウジャ・・・
これが、稲と同じように、田んぼの中に芽をつけて、ドンドン大きくなります。(ニラみたいなのが生える)
これが、田んぼに入ってこない方法や、撤去方法をご存知の方は、教えて下さい。
助旅館の女将さんは、これを「ゆがや」と、言ってますが、ネット検索すると、沖縄の方言としか検索されません。
田植えが、終われば、この「ゆがや」取りで、休日は、つぶれます。なんとも無駄でしょう。
この無駄を省きたいのですが・・・(一部の地域だけみたいです。「ゆがや」が入ってくる田んぼは。)
さて、足、腰が痛くなった夕方がくれば、ご褒美の夕飯です。

手羽先と、イカのBBQです。とっても、おいしかったですよ。
(この為に、田んぼに入ったんだーー!)

初登場の牛さん達も、おいしそうだと言ってました。「モオーーーッ」


旅館よこに実のなっている苺も、そろそろ終わりの季節かな・・・・


適当な大きさと、赤みのあるものを、ちぎって、これ、ひとりで食べました~(^0^)
すっごーく甘かった~ おいしかった~ 無農薬の苺でした。
また来年ね~苺さーん!
  


Posted by 助さん at 00:11Comments(8)助旅館

2007年06月03日

畦(あぜ)払い

今日は、雨降る中、田んぼの周りの、畦道に生えている草を切る作業に、行って参りました。


こーんなに、草が生えています。これを撤去しないと、田んぼに車の出入りが出来なくなります。
また、お隣さんの田んぼにも、迷惑を掛けますので、シーズン前には、刈り取りします。
(ちょっと遅いが・・・)
私は、鎌で、エッサコラサと切ります。この鎌も・・・・


磨いでおかないと、切れません。写真は、助旅館の女将さんの息子さんです。

んで、わたくしめの、お嫁様は・・・・

な、なんと、草刈り機ビーバー!?を使用だと!? あんなに重いのに、あれで加勢か・・・・
しかし、なんと、ビーバーの草刈りスピードの早いこと!!あっという間に終わりました。



ほれ、この通りっ!スッキリです。
わたしは、殆ど活躍することなく、鎌持って、雨に打たれていました・・・・

その草刈り中に発見!!
これっ!!

なんでしょう・・・・???

ハイ、あっぷ
 
これは、トンボの幼虫である、ヤゴが孵化して、中から、オニヤンマが、誕生していました。
このヤゴは、大きいですねーー
こんなに、自然に囲まれております。

はあ~っ、少し腰と、肩が筋肉痛です。 しんどかった~・・・


  


Posted by 助さん at 01:18Comments(7)助旅館

2007年05月05日

GW5/5日記

ちまき(灰汁巻き)作製取材に、行って参りました。

助旅館の、女将さんは、早朝4時起きで、仕込みに入りました。
朝7時に到着した時は、この写真の様に、もち米を、竹の皮に入れて、シュロの葉で、竹の皮を結んでいる作業に入っていました。

↑この餅米を、竹の皮にくるみ、シュロの葉で、結びます。
←これが、シュロの葉です。(丈夫で切れにくい)
そうしますと、このような状態になります。↓

なんか、中身がおいしそうでしょ。
あっ!ちなみに、シュロの葉は、こんな感じで、けっこう、どこそこに、生えているようですが・・・↓

それから、釜に火を炊きます。

今日は、雨が降っていたので屋根を取り付けました。
この大きな鍋の中には、木々の燃えた後の灰に湯を通して抽出した灰汁が、入っています。

この中に、先ほどのもち米入りの竹の皮を入れて、3時間煮込みます。
グツグツグツ・・・・・(この間、火の番が必要です。どんどん木々を燃やしてお鍋を、沸騰させます。

3時間が経って、蓋を開けると、この通り。ちまきの出来上がりです。

このちまきを、鍋から出して、冷まします。

これで完成!!

私は、甘い方が好きなので、きなこにお砂糖を加えて、いただきました。
おいしかった~っ。
以上!助旅館から、またまた、助が、お伝え致しました~っ。  


Posted by 助さん at 22:12Comments(17)助旅館

2007年05月05日

GW5/4の日記

本日は、早朝より、叩き起こされるなり助旅館へ
雨が降りそうなので、早く草(牛さんの餌)を畑から運ばないと・・・
ということで、到着した畑には、もう雨が降っていましが、草を回収し、軽トラックに積んで牛小屋へ。
作業が落ち着いて、ふと目に入った物は

これっ。
コサン竹。竹の子の中で、一番好きな種類です。
この写真は、助旅館の女将さんが、皮を剥いた後です。
この皮は、牛さんの餌になります。
そして、その横で見たものは・・・・

なんと、おチビさんが、水遊びをしていました。
ビチョビチョになって・・・・   (おーい!風邪ひくぞー!)
ん?この水遊びしているオケの中は・・・・・!?

なんと、竹の皮。これは、明日、5/5の日に、ちまきを作り、そのちまきを包む竹の皮を洗って置いていたのでした。
「なに!明日は、ちまき作りか!!」(取材せねば・・・)

おおっ!焼き鳥だーーーっ!大きな椎茸も、おいしそう~っ。
てなわけで、ごちそうになって帰ってきた助でした。
明日は、取材の為に朝が早いそうなので、早く起きねば・・・・・

明日は、天気になりますように・・・・  簡単作製 照る照るクン。   でも、もう雨ふってるよー(泣)
と、起きてから更新致しました。(昨夜は、チビと一緒に寝ちゃった・・・)
ですから、本日、ちまき作製取材に、またまた助旅館へ、いってきまーす!!  


Posted by 助さん at 04:51Comments(3)助旅館

2007年04月23日

助旅館ですが

本日も、いって参りました。
助旅館での作業の、お手伝いです。率先して行ってます。
それは、食べ物がおいしい!畑に、お菓子とジュース(ハイポトニック飲料)を持ってピクニック気分ですから(^^)
さて、今日も、牛さんの食べる草を、軽トラックに積んで、牛小屋へ・・・・・
そして・・・・これは・・・・

なんという、機械でしょうか・・・ 草きり機とでも、いうのでしょうか・・・(事前に調べておけよ・・・)
これで、草を小さく刻みます。(草の名前はイタリアン) 写真の人は、助旅館の女将さんです。
   
こんな感じに刻まれた草が、ドンドンでます。       その草を袋に詰めて・・・・

    
この、ビニールの大きな袋に詰めて・・・・・     お日様に当てて発酵させます。
この発酵させた草が、牛さんの餌になるそうです。
どうして、発酵させるのでしょうねー(聞くの忘れた・・・・)
牛小屋まで、草を運んでくれる軽トラックさんです↓

この助旅館での、お手伝いをするまで、軽トラの便利さを全然知りませんでした。知ってビックリ!!
農家には必需品です。 

   
牛小屋の隣で泳いでる鯉のぼりです。    雨が降りそうなので、今日の出番は終わりです。


なかなか、充実した午前中でした。 ちと疲れました・・・・・がしかし
田植えは、これからの季節です。こんなんで、へこたれては、いけないなと、気合い入れて過ごします!!日曜日ですが・・・・  


Posted by 助さん at 01:29Comments(8)助旅館

2007年04月15日

またまた助旅館へ

今日は、お昼に、早水公園で、お弁当を食べました。
この公園の池に、鯉が沢山泳いでいます。 そして、この鯉達に餌をあげると・・・・・

この鯉が寄ってきて・・・・・グツグツグツグツ・・・・・・
まるで、目の前で、お鍋を煮込んでいるような音を出しながら餌を食べるのです。
ウソヤロー!!と、思った方、是非、食パンか何かを持って早水公園の鯉に餌をあげてみてください・・・・

さて、夕方、助兵衛は、またまた、お嫁様の実家で、夕飯を頂きに伺いました。
今夜の、おかずは・・・・

はい、しちりんで焼く鳥の砂肝です。 コリコリして、おいしかったーっ(^^)

木炭に、ガスレンジで火をつけて、

しちりんに入れて、網で焼きます。肉や、お魚などの油は、網の下に落ちていきますので、余計な油を食することなく食べることが出来ますので、ヘルシーですよ。

これは、私の家の前にある椿です。


お花が、今、ドンドン落ちてきています。桜と開花時期が重なるのかな・・・・



同じく、椿の隣にある桜です。花びらが、相当なくなりましたが、まだこの通り綺麗ですよ。

休日は、自然に囲まれるとリラックスできて、また明日からの、お仕事に、やるぞ!!という気力が沸いてきます。
さあ、今週も、やられまくる仕事内容になる気はしますが、まずは、営業リーダーめざして!
すけさーーん!!ふぁいっ!おーーーっ!!(^O^/  


Posted by 助さん at 23:38Comments(9)助旅館

2007年04月14日

助旅館情報

今日も、行って参りました。
助旅館です。
今日は、牛さんが食べる、草を刈り取った後、おてんとさんに乾かす為、草を畑でひろげて、早く乾くように、お手伝いしました。(午前中)
そして、楽しみのお昼ご飯です。

ガスのお釜で炊いたご飯は、すごく美味しかった。山の幸いっぱいの煮物も最高!!
助旅館の庭に・・・・・
          
おいしそうな苺が・・・・ 水で洗ってパクリ!おしかった~  無農薬です。うちのチビ助は、毎日、食べているそうです。羨ましい・・・
       
これから、苺が旬となる季節ですよね。この真っ赤になっているのが、おいしいです。苺の花も綺麗です。
そして、上げましたよ~ お空にーーーー

こいのぼり~  これは、今、助旅館(お嫁様の実家)で上がっています。毎日、おチビちゃんは、おばあちゃんに、みてもらっていますので・・・・・
朝になれば、おじいちゃんが、鯉のぼりを上げて、夕方になれば、下ろしてくれます。おじいちゃんには、ホント感謝です。(あれは、お父さんである私の仕事なのに・・・・)
最後に・・・・・

助旅館にいる招き猫、ロッシーです。 元気にしていますよ! ひなたぼっこしていました。
縁側にいる、外からパチリと、撮ってきました。
都会よりも、田舎の方が、人とのふれ合いが多く、助け合って生活している。そういう意味では、田舎の方が都会だ!!と、吉本興業の漫才師、B&Bの、島田洋七が、言ってました。ホント、その通りだと思いました。  


Posted by 助さん at 16:56Comments(10)助旅館

2007年02月24日

故郷って

故郷のイメージって、綺麗な山が見えて、自然に囲まれ
殆ど自給自足の生活をしてるような感じです。(助さん的に)

わたくしめの、お嫁様の実家は、まさに故郷のイメージにぴったりの所です。

だから、幸せを感じるのでしょうか。


これは、去年から吊るされている干し柿です。
おいしそうでしょ。柿って干すと、甘みが増し、栄養も高くなるようなこを、ラジオで言っていました。



これは、前回、紹介させて頂きました、大根の皮を削ったものです。
これは、牛さんの餌になります。いつもワラを食べている牛さんにとって、キャベツの皮や、大根の皮、みかんの皮などがご馳走となり、喜んで食べます。

まさに、ゴミを節約し、合理的な生活をしている昔ながらの生活って憧れてしまいます。

すごく居心地が良いです。
ですから、わたくしの別荘のような、お嫁様の実家なのです。以上、助さん的、故郷の紹介でした。  


Posted by 助さん at 08:51Comments(4)助旅館

2007年02月21日

やっとこさの更新です。

みなさん、ごぶさたしています。

うっかり助兵衛の助さんです。

少し更新しない間に、ブログランキングは最下位・・・(泣)

私の知らないブロガーさん達も増えて賑やかになり、なによりです。

さて、ブログに載せたいと持っていたネタをやっと、公開です。



さて、これはなんでしょう。

はい、大根です。 今の時季は、大根を干しています。

お嫁様の実家のお手伝いで、大根を干して参りました~


なんか、嬉しくて写真撮ってきました。

そして、山の中では・・・・ これが、採れました~


こんなに、季節を感じられる所に居られてとっても嬉しいんです!!
直接、肌で季節を感じることって、とっても幸せな感じになります。

結婚するまでは、農業や、自然と縁がなかったものですから・・・

これからも、体いっぱいに季節を感じていきたいです。

毎日、仕事の空回りで、ガラれてばかりの助ですが、休日にリフレできています。

みやchanブロガーの皆様~ これからも、よろしくです。  


Posted by 助さん at 17:54Comments(10)助旅館