スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年09月24日

ご無沙汰です。 助旅館

みなさん、こんにちは。
本日は、ネットカフェからの更新でございます。(自宅にパソコンあるのに・・・)
自宅のパソクンは、6月下旬より、ウイルスに感染して、風邪ひいて、熱を出して、今も療養中です。
先程、インターネット代を、支払いに、行ってきました。(8月分)
全然、繋いでいないのにーーーーーっ!

非常に、本日は、無駄遣いをしております。(嫁さん激怒)

さて、この連休中に、わたくしめは、助旅館にて(お嫁様の実家です。旅館ではない)味噌作りの加勢に、行って参りました。

自宅で、お味噌を作らなくなりましたねー という、お話を、お年寄りから聞きますが、私からすると、
「えっ?作るの?」というかんじです。
なので、興味シンシンで応援してきました。その工程を、ご覧下さい。



見えますか?ふたつの、御釜が。
この御釜に、惚れています。(助旅館の名物です。)



手前にある、木の箱が、セイロです。この中に、麦を入れて、釜にかけて、柔らかくなるまで蒸します。
湯気が見えますか?丁度、釜から上がったところでした。



この白いから芋が、旨いんだな~
なぜ、から芋が、あるかというと、麦の蒸し加減を、このから芋を一緒に蒸してみるのです。
時々、セイロの蓋を開け、から芋を箸で刺し、柔らかさで、麦が程良く蒸せているのか判断する為です。
(しっかり取材してるでしょ。 頼まれてもいないのに・・・)



そして、この蒸した麦に、麹(コウジ)菌を、混ぜ合わせます。 しっかりと、混ぜ合わせます。
そんでから、この麹菌を混ぜた麦を、一日ねかせます。(ここまでが、1日目)

麹菌と麦を混ぜ合わすと、熱を発しながら、発酵し始めます。(不思議だねー)



そして、二日目・・・・
二日目は、母親と午前中、お寺にお参りに行ったため、大豆を潰す工程が取材出来ませんでした・・・

なので、昼からの工程です。
                             今日も、この二つの、お釜は、大活躍です。

この釜で、大豆を蒸して細かく、すり潰した物がコレです。


昨日の麹菌を加えた麦を、この潰した大豆と塩を、混ぜていきます。




しっかりと、混ぜた後、今度は、瓶壺(かめつぼ)の中にギュウギュウに詰めていきます。



こんな感じです。味噌らしく見えるでしょ。
更に、この瓶壺の中で、ねかせます。(もっと発酵させる)

と、昨日はここまで。後は、時間が、おいしい味噌を作ってくれることを祈ります。

とまあ、こんな感じでした。ちゃんと、お手伝いしましたよ。写真を撮り忘れる位にね。
この麦や、大豆を、一度に沢山蒸す為に、重いですから、力仕事と、混ぜ合わせる作業など・・・

麦を混ぜていると、手がツルツル、スベスベするのですね。驚きました。
そういえば、麦を使った洗顔フォームや、化粧品があったような・・・・

味噌。
スーパーなどで、買いに行ったほうが、安くて、おいしい味噌が食べられます。

では、なぜ、助旅館の女将さんは、お金と、時間を費やし労力まで伴う、自宅での味噌作りに、こだわるのでしょうか・・・・

私は、このお嫁様の実家が大好きです。喜んで加勢に行きます。
ここには、季節を体で感じることが出来るからです。毎年これからも、この釜を使った季節の行事を継続してほしいし、参加したいです。

皆さんの想う故郷ってどんなところですか?

私は、ここに。

この助旅館に、日本の故郷というものを、感じていると思います。いつも、居心地がいいのです。

私の、チビ助の子ども(孫)にも、ここで故郷を感じて欲しいと思います。

これからも、長生きして、季節の行事で、感動させて下さいね。女将さん!



助旅館の庭から、見える景色です。





私のチビ助と、助旅館の、女将さん(嫁の、お母さん)です。
  


Posted by 助さん at 17:20Comments(13)助旅館

2007年09月13日

バトンキャッチしましたー


【ムコ多糖症】

この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。

しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていない(日本では300人位発病)
つまり社会的認知度が低い為に、今、厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けて
もっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、
発祥すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。

8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で湘南乃風の若旦那が語ってから
私達に出来ることを考えました。

それで思いついたのがこのバトンという方法です。


5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に
必死に頭をさげてたりしています。


この子達を救う為に私達ができる事は、
この病気を多くの社会人に知ってもらって早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。
みなさん協力お願いします。



ムコ多糖症…ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、
体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。

重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、
骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

リンクしてます。 http://www.muconet.jp/



★この本文を日記に貼り付けてください。
善意あるブロガーさん達が何か力になれば・・・とバトンを手渡ししてます.
お時間のある方は御願いします。
家庭や職場でも話題に上げて頂けると更に広がって行くと思いますm(_ _)m


私は、kokoroさんの日記を見て、初めて知りました。

本当に、なんとかならないのでしょうか・・・・・

バトンキャッチお願いします。

  


Posted by 助さん at 18:50Comments(3)

2007年09月10日

待っていましたよ。

9/8(土)夕刻・・・・ついに、やってまいりました。

念願の・・・



ビリskさんからの、インラインスケートが!!
この箱は・・・・ビリskさんの欲しかったインラインの箱ではないですか!!

早速、中を、ほじくりだす・・・・



ワオッ!!カタログ付。

そして・・・・



細かい部品まで・・・・ 消耗品の取替えパーツまで・・・・ なんと、ご丁寧に。この心遣いが、凄く嬉しかったです!!

そして・・・・





ついに、やって参りました!
思えば、今年の4月頃に、ビリskさんのブログを見てからずっと欲しいと思っていたインラインスケート!!

長かったなーーーー

イントラナットで、落札したインラインは、オーナーから、メールも、商品も届くことなく・・・・
(やっぱり、縁がないのかな・・・)

そうだっ!ビギナー商品を、ビリskさんに、選んでもらって、注文してもらった商品を、送ってもらおう!

と、自分の都合のいいように考えて、ビリskさんに、お願いしたところ、ほとんど使用していないインラインを、譲って下さるとのこと。

なんてラッキーなのでしょう。

そんで、昨日、田んぼの加勢の後で、夕方に近くの公園で滑ってみた・・・・

(ウォーーーーーッ!!とまらなーーーーいっっっ!!!)

ズデーン!!と、何回こけたか・・・・・
(おんや!?ブレーキないぞ・・・ローラースケートは、確かここにあったよな・・・・)

そうなんです。インラインスケートにブレーキは、ないのですね。
坂道を、下りだしたら止まるには、こけずに、下りきってしまうか、転倒して止まるしかないんです・・・
これは、分厚い手袋がいるな・・・と学習しました。(手のひらが痛くて、真っ赤になったよ)

そして、もうひとつ気付いたことが・・・
おや!?タイヤが2個??

ひょっとして、手すりの上をガーーーーッて滑れちゃうやつなの!?

詳しく分かりませんが、とにかく、おもしろかったーーーーっ!すぐに、時間が経ってしまいます。

これで痩せられるならラッキーです。休日は、滑りますよーーーっ!
滑ってる写真がないのは、お嫁様が、チビ助を見ている為、写真なんか撮ってる間がないわよ!!
ということの為です。あしからず。(カメラ持ってったのに・・・・)

趣味がひとつ増えました!!
でも、どこでも走れないのですよね。危険だから・・・・

それがちょっと辛いな・・・・

走り初めは、周囲の目が気になり、恥ずかしかったけど、走り始めると・・・・
「おーーいっ!!見てみて!」って感じになっちゃいます。

気分爽快ですよ!!宮崎には、なかなか販売しているところは、ないようで残念ですが、ネットで購入されて(私は失敗でしたが)走ってみては、いかがでしょうか。

気分爽快間違いなしです。

ビリskさん!ホントに、どうもありがとうございましたー。






  


Posted by 助さん at 07:52Comments(6)趣味!?

2007年09月03日



まだまだ暑い季節。どこで、皆さん涼をとりますか?

ここは、都城市にある早水公園です。

おチビちゃんが、風呂場で、水遊びを、毎日1時間以上していますので、

ここに、やってきました。


水遊び用の、おもちゃを持って・・・・

大人も、けっこう楽しめます。

足首までしか浸かれませんが・・・・・

それでも十分に涼しいですよ!

帽子と、着替え、日焼け止めは、必需品です。

お金のいらない、涼の取り方です。
  


Posted by 助さん at 09:17Comments(15)小さな情報