2008年11月14日

じねんじょっ!

これみて!

コレ!

旬の物です。

わたくしは、知りませんが
山ん中で採れる、お芋さんのひとつだそうです。

助旅館の、ご主人が、毎年採ってくるそうです。

今日は、これが、夕食の、おかずに、出てきて、食べてみました。

パクッ!!

ん・・・


凄い!!

納豆みたいに、ネバネバしているのに、歯応えがシャキシャキしてる!!

けど、味がしない!!

なんじゃこりゃ!?

嫁さんが、
「醤油をかけて、食べるんだよ!」

とのことで、醤油をかけて食べてみる・・・



「うまい!!」


醤油の味と、このシャキシャキ感!!

これが、癖になりそう!!

お酒のむ方は、たまらないでしょうなぁ・・・

と、思いながら、おいしく頂きました。

別のお皿には、今日の昼間に、チビ助が畑に行って、収穫した

じゃがいもが、煮付けしてあって、

これも、すごくおいしかったー!!

「じいちゃんと、ばあちゃんとで、畑に行ったの!」
と、食べている隣で、ちび助が、説明してくれました。

おいしくて、嬉しくて、涙が出そうでした。

幸せいっぱいの、夕飯時でした。

でも、その直後に、また、歯磨き戦争で、天国から地獄に落ちたような気分でした。

あれからも、歯磨きは、なかなか・・・

歯磨き終了後の、お口のすすぎを、なかなかしてくれません!
だから、歯磨き粉は、まだ使えないかなーと、思っています。

押さえつけながらの歯磨きは、辞めました。

逃げたら、少し時間を、置いて、また磨くの繰り返しで、長く歯磨きの時間をとるようにしました。

呼吸困難になりながら、泣く姿は、見たくありませんからね。


同じカテゴリー(助旅館)の記事画像
超久しぶりの、助旅館より
田んぼの、お供。
えぼし!?
しんどーい(ToT)
お米の種植え
ロッシー元気です!
同じカテゴリー(助旅館)の記事
 超久しぶりの、助旅館より (2012-05-05 10:21)
 田んぼの、お供。 (2009-07-24 12:28)
 えぼし!? (2009-06-19 12:57)
 しんどーい(ToT) (2009-06-07 13:13)
 お米の種植え (2009-05-24 22:35)
 ロッシー元気です! (2009-04-29 12:21)

この記事へのコメント
助さん>山芋ですね。自分も小さい頃,父と掘りに行ったことあります。


斜面に埋まっているのは採り易いんですよね♪

平場に埋まっているのはまともに1.5mほど掘らなければならないですよね。。

欲張ると50cmほどでポキッとグッバイですよね。。。


新聞読んでくださりありがとうございます。共感していただいてうれしいです。

実家は大都市・北九州。祖母も50年住んでてカブトムシが飛んできたのははじめてと言ってました。

弟が自分に写メしてくれたことにはじまり,

実家でとりあえずケーキの箱に入れていたら一度は脱走し,

捜索をあきらめかけていたらタンスと壁の隙間から自分から出てきて,

昆虫はカラッキシ駄目だった母が恋人と寄り添うようにJRに揺られ宮崎に持ち帰り,

大会までの15日間を我が家で子供と大切に育て,

40匹が参加した国産カブトムシの部で優勝し,

大会後は一緒に旅行しながら北九州に帰省し,

最後にたくさん記念写真を撮って,実家の庭に放しました。

・・・そして,自分に内緒で妻が投稿した記事の入選発表の日は父の誕生日でした。


こうして一族を巻き込んだ騒動は幕を閉じました。


来週のイベントもいい思い出ができそうで楽しみです♪
Posted by またひろ at 2008年11月14日 20:41
◎またひろさんへ

凄い!!

山芋のコレを、ご存じだったのですね。

わたくしは、まったく、しりません・・・

嫁の、お父さんが、採ってきて下さるので・・・


そして、あの受賞された内容に、更に、また偶然が重なることも、これまた凄い!!


感動のエピソードで、話題のひとつとして、全国放送して欲しいくらいです!!

こんなに、偶然が重なると、あのかぶとむしは、きっと、お亡くなりになられた方ですよね!

みんなに、どうしても会いたくて、北九州から、やってこられたのでしょう。

そう思わないほうが、不自然ですよね。

逃げたにもかかわらず、再び登場したかぶとむし。

ほんとうに、貴重な、お話しを、ありがとうございました。

ひなたぼっこ大会が、益々、楽しみになってきましたよ。

是非、かぶとむしさんの、写真を見せて下さいね。

雨降っても、どっかで、お会いしましょう!!
Posted by 助さん at 2008年11月14日 22:46
助さん》写真、了解です♪

山芋掘りは想像以上に重労働ですよ。サツマイモ掘りとはわけが違います。

ツルを引っ張るとすぐに切れますので、山芋にそって傷付けないように1〜1、5Mほど慎重に掘り下げます。山土が固いのなんの。

そもそもツル系雑草と山芋のツルが見分けがつきません。

あまり沢山あるわけではない山芋を見つかるまで重〜いスコップ(山芋掘り用は細いけど全部鉄製)を持って、道無き山中を駆けずり回るわけです。

それを惜し気もなくふるまうお義父様は優しいですね♪
Posted by またひろ at 2008年11月14日 23:48
◎またひろさんへ

そんな、苦労するとは、思いもよりませんでした。

嫁さんも、含めてですが、一家揃って、苦労してるとか、辛いとか、痛いということを、言わないので・・・


もっと噛みしめて、気持ちを込めて頂かないと、地獄に落ちるかもですね。


じねんじょ味しなーい!!
とか言ってるし・・・
Posted by 助さん at 2008年11月14日 23:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
じねんじょっ!
    コメント(4)